閉ざされた奥の空間

賃貸物件の入居者が退去した後には、空になった部屋の原状回復工事を実施する必要があります。
いくら丁寧に住んでいたとしても、部屋には汚れや傷が残されているのが普通です。
新たに部屋を借りる人からすれば、前居住者の生活感が残されているような部屋には住みたくなものです。
汚れや傷をそのままにしておいたのでは、なかなか新しい借り手を見つけることができなくなります。 (さらに…)

木目調の空間

原状回復とリフォームは似ている部分もありますが、多少その意味が異なります。
前者が自然磨耗などの経年劣化を除いたものの工事に対して、機能性や美観を高めるための工事が後者にあたります。
賃貸物件を退去する時の原状回復工事は、場合によっては不動産会社とのトラブルになることがあるので、注意が必要です。
その原状回復工事が正当なものであるのか、またその費用は適切なのかなど、しっかりと確認したうえで進めなければなりません。 (さらに…)

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031